研究開発

Research and Development

弊社は、タイの大学や病院と栽培・研究プロジェクトを行う現地法人SMART MEDICAL DEVELOPMENTに株式会社KYUSEI(代表:金沢潤)と共同出資を行い、大麻有効成分の活用を研究しております。

山本元碩

(Genseki Yamamoto)

SMD CEO

ソフトウェア開発、ホテル、エネルギー事業を経て、タイに移住。

2016年有機農業、有機堆肥事業(丸忠物産タイランド)を起業。2019年には国内多数の5つ星ホテルやミシュラン星レストランに納める農園に成長。
2016年より開発された匠(タクミスーパーソイル)は、国内多くの有機農園に使用され、同年には、大麻栽培用に特化した特殊有機土、GEISHA, NINJA, SAMURAIを開発。以来多くの大麻生産事業や政府研究機関で採用される。大学との共同研究にて医療大麻の栽培・種子の開発を行う。SMD(スマートメディカルデベロップメントをタイ日合弁会社を2020年に設立、登録バンコク タイ王国)。
同年ナコンラチャシマ大学とナラティワート大学とMOAを締結し、2021年の生産を目指す。 テキサス農工大卒(2005年)

Keerakit Sapvisit

(キーラキット・サブヴィシット)

Managing Partner

カシコン銀行 プロジェクトマネージャーを経て、2016年、建築技術開発を行うKEエンジニア リング設立。同年不動産開発デベロップ会社 リッチモンド土地開発株式会社 代表に就任、東 南アジアにて多くのプロジェクト開発を成功させる。東南アジアで初のEスポーツプロリーグを 発足。チームの運営やその発展に貢献する。2020年SMD設立後、当最高執行責任者に就任。
英国 2005年に 英国King's college of Londonで情報科学、インターネット法にて修士取得

Mikhail Kornievsky

(ミカイル・コーニエフスキ)

Master Grower

アメリカ合衆国にて、大麻栽培や植物学の教師などの経験を経て、Green Houseのマスターグロワーに就任。法執行機関と協力しコンプライアンス遵守、S.O.Pの開発・実装等に従事。環境デザインコンサルタント等の顔も持つ。ティッシューカルチャースペシャリスト(大麻)。東南アジア屈指のマスターグロワー。

MARCHU BUSSAN

タイで最高品質の有機質土壌と肥料メーカーであると共に、タイ国内では有名なオーガニック生産者。タイ国内多数の5つ星ホテルや、ミッシャラン星にリストされているレストランに最高の食材を提供しています。
USDA ORGANIC,EU,IFOAM 認定

医療の分野にも

医療目的での最高のカンナビノイド薬の開発をゴールに、タイ国立ナコンラチャシマ大学と共同研究開発を行っています。又、タイ国内の製薬会社にコンサルティングをしています。

詳細はこちら